ギャッペ
ギャッペ

羽毛布団のお手入れについて

羽毛布団のお手入れについて

羽毛布団は軽さや保温性に優れている寝具として人気です。こちらでは、そんな羽毛布団を長く使うためのお手入れについてご紹介します。

羽毛布団を使う時

羽毛布団は、カバーやシーツを付けて使用すると長持ちします。直接使うよりも汚れが付きにくく擦り切れも防ぎ、カバーは簡単に洗えるので清潔さも保てます。
また、起きてすぐの布団には、自分の体温と汗で熱や湿気がこもっているので、しばらく置いてから収納しましょう。

干し方

羽毛布団は吸湿・発散性に優れていますが、長く使うためには月に1〜2回干してあげましょう。干すことで保温性が高まり、ふんわりした肌触りを取り戻せます。
布団は湿度を嫌いますので湿気の多い早朝や夕方は避け、10〜15時の時間帯に裏表合わせて1〜2時間干すといいでしょう。また、そのまま干すと生地が色褪せたり傷んだりするので、カバーやシーツで覆ってから干すようにしてください。

メンテナンス

羽毛布団は小さな穴からでも羽根や中綿が出てくるので、補修布ですぐに対処してください。付属の専用補修布もしくは市販の補修布を破れている箇所よりも大きめにカットし、アイロンの熱で接着します。また、ジュースなどをこぼしてしまった場合は、洋服の染み抜きと同じような方法で汚れを落とします。
タオルなどですぐに水分を吸い取った後、中性洗剤を薄めたぬるま湯にタオルを浸し、固く絞って汚れを軽く叩きます。汚れがタオルに移ったら水拭きをして布団の水分を取り、日陰干しで乾かします。

保管

長期間保管する際は十分乾燥させ、汚れは落としてから収納します。湿度が高く、通気性の悪い場所やビニールに入れて保管すると、蒸れて臭いが強くなり、羽毛布団の品質を損なうことがあります。そのため、布で包むか通気性の良いケースに入れて、湿気がこもらない場所で保管しましょう。

浜松市で羽毛布団のことなら、当店に何でもご相談ください。浜松市にある当店では、オーダーメイド布団の販売・リフォーム打ち直しクリーニングを行っております。当店は羽毛布団製造直販なので、アフターメンテナンスや保証の面でも安心してご利用頂けます。

浜松で羽毛布団のリフォームなら【杉屋株式会社】 概要

会社名 杉屋株式会社
本店所在地 〒433-8111 静岡県浜松市中区葵西5-6-37
電話番号 0120-939-922
メールアドレス info@kaimin.jp
URL http://kaimin.jp/
業務内容 寝具製品の製造、卸、販売、輸入
説明 杉屋は『健康の第一は 良い睡眠』をテーマに、ウッドスプリングベッドや高反発のラテックスマット、オーダーメイド枕や羽毛布団などの寝具をご紹介しております。

浜松で羽毛布団のリフォームやメンテナンス、打ち直しなら杉屋

 
 


オーダーメイド枕からはじめる快眠づくりを提案します。      杉屋